読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

せつなさだけを 愛する証拠だと思わせないでくれ

内博貴が大好きなヲタクが綴るどうしようもない日記とかレポとか。

16卒就活生が選ぶ就活中に聴きたいジャニ曲5選~しっとり編~

前回このブログで「16卒就活生が選ぶ就活中に聴きたいジャニ曲15選~あげあげ編~」

yesmkpi.hatenablog.com

を取り上げましたが、ぶっちゃけあげあげだけでは就活は乗りきれません。

たまには無理せず泣くことも大切です。わたしの場合はそんな時も音楽が傍にありました。実家暮らしではないのでどうしても一人の時は何か音を鳴らしていたいって思ってたからね。

そんな中でも、しっとり泣かせてくれる、就活中に歌詞が染みる楽曲を5曲ご紹介しようと思います。またわたしの長々としたコメント付きです(笑)

 それでは、どうぞ!!

 

 

・テゴマス「ヒカリ」

アルバム「テゴマスの青春」収録。リード曲。

テゴマスの楽曲といえば真っ直ぐでピュアなイメージを持っている人が多いと思います。「ヒカリ」も青年になったテゴマスが少し切ないメロディに綺麗な歌詞を乗せて未来を真っ直ぐ見つめる、ある意味テゴマスらしい楽曲。テゴマスが歌う主人公って本当にいつも綺麗な世界に生きてますよね…羨ましいくらい。でも羨ましいってことは、わたしも心のどこかでテゴマスが歌う主人公のように生きたいと思ってるってことなのかな、って。なんか意味分かんないよね、ごめんなさい\(^o^)/

就活っぽい歌詞はないんだけど、わたしは自己分析とかしてると昔のこといろいろ思い出して胸がギュウってなったりして、「ああ、こんな未来のはずじゃなかった。なんで上手くいかないんだろう。もうどうでもいいや」なんて自分のことを嫌いになりそうな時にこの歌を聴いていました。プライドばかり高くて、つい人と比べて自分を評価してしまいがちなわたしはテゴマスの世界の主人公には程遠いのだけど、テゴマスは本当に歌が上手だから包み込んでくれる気がしたり。

ずっと背伸びばかりしてた 無邪気だった僕も
いつの間にか 夢見た未来で立ちすくんで
やがて「あの日に戻れたら」 そんなこと思って
無い物ねだりばかりで 今日をいつも蔑ろにした

 

いつしか僕らは見失っていた こんなに世界が美しいコト
もう二度と忘れたくはないから

 世界中の誰も自分のことなんて分かってくれないと思っていた時期もあったけど、友達に愚痴ったり、思わぬところで面接官に褒められたり、そういう些細な瞬間にわたしは自分を取り戻していました。サビの歌詞はあえて紹介しませんが、綺麗な歌詞なのでほんと是非聴いてみてください!しっとりします!

 

関ジャニ∞「HeavenlyPsycho」

 大阪レイニーブルース収録。

わたしが関ジャニ∞で一番好きな歌です!この曲は関ジャニ∞の苦労してきた時代であったりを見てきた作詞家さんが関ジャニ∞のために書いた詞で、関ジャニ∞のことを歌った楽曲です。

いつも夢に 選ばれないまま 陽が登り 沈んでゆく 日々
そこに僕の姿がなくても 世界は簡単にまわった
でもこうして繋いだ手 ひとりじゃないね

胸にHeavenly Psycho 今は未来に向かう道の途中だ
泪にさえも戸惑うことなく 願いを歌う 

 ああ、もう歌詞が本当に強い。強いよ、関ジャニ∞

HeavenlyPsychoという言葉は造語で「究極の精神」といった意味なんだけど、それくらいの強い意志がないと夢なんて叶わないんだってことを教えてくれた歌です。「夢にHeavenly Psycho 叫んだ声だけが空に響いた だから何回もためしてみるんだ 希望の歌」っていうのが本当に格好良い。

マックスで病んでた時期に3時間ぶっ通しでヘブリばっかり聴いてたのはいい思い出(そして黒歴史)。

 

・NEWS「エンドレス・サマー」

アルバム「LIVE」収録。超名曲。突如現れた名曲。作詞曲がヒロイズムさんってだけで名曲だと察することはできるけど、予想の三倍名曲。シンプルなピアノから始まり、ソロパートが続き楽器は徐々に増えていき、ユニゾンに入り、そして最後のサビでやっと全員が揃って歌う構成も最高。と、まあ、好きなところを語ればキリがないんだけど、歌詞も本当にいいんです。

「あの夏」というワードはジャニヲタには特別なワードだったりもするのかな。自担、もしくは担当Gのどこかの夏を思い出したりするのではないでしょうか。少年たちがまたひとつ成長するのが、夏。そしてわたしたちも季節は夏に限らないかもしれないけど、どうしても「あの瞬間」っていう大きな夢を持っていた日があるのではないかなと思います。「やがて僕らがありふれた大人になっても」という歌詞があるのですが、わたしもありふれた大学生で、社会の流れとか人の目とかを気にして就活をして、結局最後に決めた会社はある程度希望の業界でしたがとにかく「安定した」大手企業でした。あの時のわたしはこんな自分を見たらなんて言うかな、情けないな。なんて思うこともあったのですが、今のわたしを構成しているのはあの瞬間のわたしの積み重ねなんじゃないかなと最近思います。だからわたしはいつでもあの瞬間に戻れる。まさにエンドレス・サマーの歌詞を体感していました。自分の決めた道でわたしは頑張る。

なんとなく儚くて綺麗な歌詞の歌で、盛り上がった後はまたしっとり終わっていくメロディなので悲しいだけじゃなくて、泣いたあとは元気をもらえる楽曲かなと思います。それにしてもNEWS、歌上手い。

 

・NEWS「フルスイング」

 またもやNEWS。こちらも名曲。美恋コンのフルスイング思い出すだけで涙が出てくる。作詞曲はエンドレス・サマーと同じくヒロイズムさん。ヒロイズムさん渾身の一曲と聞きました。フルスイングはNEWSの持ってるドラマを知った上でこの曲を聴いて、今のNEWSを見て、そして就活してる自分と向き合うと何も感じずにはいられませんでした。

立ち止まっていたとしたって
ここで終わりじゃなくて
ためらいの果て 前を向いて
自分に挑みたい
くずれかけた夢だって
叶えたいとだけ信じて
そう何度だって 賽を振れ
願いを込めた フルスイングで

 この歌は歌詞を通してすべてNEWSのことを語っているのだと思うのだけど、少し自分の立場に置き換えて歌詞に感情移入して聴いていました。わたしは周りの友人がみんな内定をもらっていく中で、自分だけが内定のない時期を経験しました。自分で言うのもアレだけど、わたしは中途半端になんでもそこそこ成功してしまうタイプなので、みんなから「まこぴならすぐ内定とれるよ~」とか言われていたプレッシャーもあり、その時期が一番苦しかったです。「働くこと」が目的ではなく、「内定を取ること」を目的とした就活をしていた時期があります。その時期にとれた内定も何社かあります。わたしは本当は、そこで就活をやめてもよかった。それでもやはり、まだ辛い思いをしてでも就活を続けたのはこの歌があったからかな、と思います。「自分に挑みたい」の一言がわたしを勇気づけてくれました。「賽を振れ」という歌詞も、人生なんてある意味ギャンブルみたいなところがあるから、振るか振らないなら全力で振りたい、そういうNEWSの前向きさを感じられますよね。選考なんて運です。就活を通して心からそう思いました。その後NEWSは4+FANという歌で「僕らは勝ったんだ」と歌ってるんですけど、多分その歌詞はフルスイングのときにしたギャンブル(=新生NEWSの挑戦)の結果なのかな、なんて考えたり。わたしはちゃんと勝ちました。

わたしが就活をしている人に「なるべく立ち止まるな」とアドバイスするタイプです。しかし、動き続ける元気が出ない時もあると思います。そんなときにこそフルスイングを聴いて欲しい。是非オススメです!

 

・V6「over」

最後にオススメするのはV6のover。1998年発売で作詞はトニセンです。

歌詞はザ・応援ソング。サビの歌詞をまず見てもらいたいんですけど、

あふれるほどの情熱を 胸に抱きしめて 歩き始めよう
道に迷った時でも 逃げ出さない強さ 持ち続けよう

果てしない夢を描こう 過ぎ去った日々にしばられないで
あふれる涙ぬぐって 立ち向かう強さ 誇れる自分でいよう

 全編を通して「逃げずに立ち向かう強さ」を歌う楽曲なんですけど、就活ってどんなに辛いことがあって、いつまでも内定とれなくても、逃げずに挑み続け無いと結果出ないんですよね。凹んで、落ち込んで、泣いても内定がとれるわけじゃない。切り替えて次の一社に進まないといけないし、むしろ立ち止まった瞬間全部から置いて行かれてしまうっていうか。何かをし続けないといけないと思うんです。わたしが今回オススメした曲はすべてそういう歌詞だと思うんですけど、overは特に染みます。なんだろう、V6って16卒世代から見たらめっちゃ大人じゃないですか。やっぱり大人の言うことは説得力あるじゃないですか。特に作詞がトニセンなんでね、めっちゃ大人です。

「現実はツライ でもがむしゃらに 叫び続けていたい」って歌詞があるんですけど、V6ですら「現実はツライ」って言うんだから、わたしたちの就活がツライなんて当然だよね、なんて無駄に思ってしまったりもしちゃいました。そして「輝くみらい探して 手をのばせば ほら何かが変わり始めた」という歌詞。あげあげ編のチーターゴリラオランウータンでも言ったんですけど、自分が動けば必ずなにかが変わります。それを信じて今日も前向きに頑張ろう、そう思えると同時に何故かちょっと泣いちゃう一曲です。

 

 

語彙が少ないのでダラダラと薄っぺらい主観的な感想を述べてしまいましたが、わたしはこの5曲をよく聴いて静かに自分を奮い立たせました。「弱くてもいいんだよ」系の歌もあるとは思うんですけど、わたしは「立ち向かえ」系が性格にあっていると思ったのでこの選曲です。あとはヤマピーの「anthem」とかSMAPの「この瞬間、きっと夢じゃない」とかも聴いてたかな。

まだ就活頑張っている人や17卒の皆さん、そしてなにかに挑もうとしている人のヒントになればいいかなと思います。

 

卒論が落ち着いたらまこぴの就職活動日記をまとめようと思うのでよければまた読んでやってください。ではでは。