読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

せつなさだけを 愛する証拠だと思わせないでくれ

内博貴が大好きなヲタクが綴るどうしようもない日記とかレポとか。

16卒就活生が選ぶ就活中に聴きたいジャニ曲15選~あげあげ編~

こんにちは、まこぴです(*^_^*)

 

夏ってなんでこんなに暑いんだろうね?くっそ暑い中、真っ黒なリクルートスーツ着て就活するなんてバカじゃないの?なんて思いながらつい先日までわたしは汗だくで就活をしていました。

そうです、いわゆる16卒の大学生です。

8月上旬に無事に志望していたいくつかの企業から内定をいただき、納得のいく形で就活を終えることが出来たわたしでしたが、ここまで本当に挫けてしまいそうな日が何度もありました。まあ、わたしの就活エピソードはまた記録としていろいろまとめようと思うんだけど。そんな中でわたしの支えになっていたものはやはり音楽。長い移動時間、面接前の緊張している瞬間、面接が上手くいかず落ち込んでいる時、わたしはいつもイヤホンを耳に入れていました。

今回はわたしが就活中によく聴いていたジャニーズソングの中でも、特に気分を上げたい時に聴いていた楽曲をいくつかリスト的にコメントを付けて紹介したいと思います。しっとりした曲もいいけど、明るい音楽で士気を高めたり、落ち込んだ気分を払拭したりすることもあるよね。

まだ選考に挑んでいる人や、将来に向かって羽ばたこうとしている人、受験生の皆さんなんかの参考になればいいな、なんて考えています。

 

結構雑食にジャニーズが好きなんだけど、どうしても好みにグループの偏りが出ちゃうのは許してください(^_^;)では、どうぞ!

 

 

関ジャニ∞「DREAMIN'BLOOD」

感謝ニ∞収録。関ジャニ∞のかなり初期の曲です。

すごく明るく夢を語る、アイドルソングの定番のような応援歌。作曲がサクラ咲ケでもお馴染みの谷本新さんなので前向き応援メロディなのは想像がつくかと思います。わたしは特にサビが大好きです。

夢見ることをやめない

僕らの中のDREAMIN'BLOOD

何度生まれ変わっても君とここに立とう

夢はめぐりつづける 星座が駆けるように

さあ行こう 僕らには夢をかなえられる力がある

アイドルの口から出る「夢」って言葉に弱いまこぴさん。誰とも違う新しいアイドルとしての道を開いた関ジャニ∞だけど、この歌を歌っていた頃はまだまだ今みたいな未来を描けなかった時期で。そんな関ジャニ∞が「僕らには夢をかなえられる力がある」「僕らには夢の扉開く力がある」と歌ってくれることで、わたし自身叶う根拠もない夢を信じられたし、背中を押されたなと思います。

 

関ジャニ∞愛に向かって

七転びでもや!お!き!な忍たまED曲。

この曲はわたしの必勝ソングです。嵐のサクラ咲ケを聴いて挑んだ私立高校の受験。見事に敗北してサクラ散りました。その三日後挑んだ公立高校の受験。やけくそだったわたしは「滑って転んで七転びでも八起き」という滑る・転ぶといった受験生NGワードが入ったこの楽曲を聴いて会場へ向かいました。その試験の倍率は4倍強。結果は見事合格。愛に向かってヤベェ。それ以降わたしが何か試験に挑む時は必ず聴くようにしている楽曲です(単純)。MASA×馬飼野康二っていう「桜援歌」も作ったコンビなので安心して聴ける忍たま曲でもあるよね。

涙で時には見えなくなるけれど

未来はきっと僕らの味方だよ

どんな事でも乗り越えられる

愛のちからは明日への勇気

 

・SexyZone「風をきって」

こちらも忍たまED曲。今度は世界がひとつになるまでを作った松井五郎×馬飼野康二です。

どの歌詞が特別いいってわけじゃないんだけど、メロディとか強気な歌詞とか5人のSexyZoneが希望に満ち溢れて歌っているところとかにすごく元気をもらえます。あとは勝利くんの謎のセリフパート「ひとつひとつ できることを」「なんのために 生まれたのか」ってとこで何故かフフフッみたいな笑いが込み上げて「ああ、頑張らなきゃな…」って思います。

ダメなところくらいわかってる

すぐにあきらめた目で見ないでよ

ひとつひとつ できることを 繋いでゆけば

汗も傷も涙さえも 終わらない夢になる

これ、ボロボロ面接のあとに聴くと身に沁みます(笑)

 

TOKIO「明日を目指して!」

長瀬くんが作詞作曲した進研ゼミのCM曲。

地図を手に僕達は 見えない明日を目指すんだ
夢がある未知なる世界 ひたすら追い掛けて
振り返る事はない 目の前にある物見据えて
溢れてく希望だけを ポケットに詰め込んで
どんな時でもひとつになれば
なんでも出来るはずさ

今すぐBon Voyage! 明日を目指して
僕達は大地を蹴り出すんだ
ここからBon Voyage! 光を目指して
何時までも夢はあるんだから
真剣に生きていこう! 

カッケェ!!それ以外の言葉が出ない。この歌詞をあの力強いボーカルの長瀬くんが歌うんだから、なんか何でも出来る気がする。就活していて思ったのは、この「なんかわたし出来る気がする」っていう自信がすごく味方についてくれるということ。1社内定もらって以降、わたしは自分に自信が持てるようになりました。その後選考に落ちることなく結果として5社内定をいただいたので、根拠がなくてもいいから強気でいることを心がけてほしいなって思います。「真剣に生きていこう!」って歌詞、本当に長瀬くんっぽくて素敵ですよね…(感想)

 

・嵐「きっと大丈夫」

初めて聴いた時からよく分からないけど明るい気持ちになれる曲だなぁ、と思っていたけど、まさかこんなに助けられるとは。

この曲のすべての魅力は大野くんの「きっと大丈夫」パートにあるとわたしは思っています。

リリース当時は大野くんのきっと大丈夫パートを聴くたびに「世界一説得力のない大丈夫だな」って思ってました。ごめんなさい。当時の大野くんは全然パッとしてなかった。でも今聴くと謎の説得力があって、むしろいっしょに「きっと大丈夫~♪」って歌っちゃうレベル。やっぱりこういう意味分かんないけどいっしょにノれる曲が人を無条件に元気にしてくれるのだと思う。

 

・テゴマス「チーターゴリラオランウータン

みんな!タイトルで避けてはいけない!聴こう!!

ミニアルバム、テゴマスのあい収録。「夜は星をながめておくれ」が名曲過ぎて見逃されがちだけど、わたしはこれもかなり好き。まあ、作詞は夜は星をながめておくれと同じHacchin' Mayaさんだから歌詞はいいはずだよね。っていうかこの方、後にチャンカパーナ書く人だからね…

歌で何かが変われば ちょっとだけでも変われば

相当 歌う意味がある

テゴマスが せいいっぱい 愛を歌う時代だ

   

ここがすごく好きで、ちょっとの努力や挑戦、勇気で何かがちょっと変わるなら相当やってみる価値がある。テゴマスの声はまっすぐ心に入ってくるから心からそう思えるんですよね。自己分析、SPIの勉強、企業研究、面接練習、いまさら無駄だと思っていませんか?そんなことないんだよー!

 

・V6「本気がいっぱい」

16卒にとっては1997年リリースのこの曲はかなり古く感じるかもしれないけど初期のV6はマジで元気がもらえる良曲が多いです。馴染みやすいアイドルソングがたくさん!

その中でも本気がいっぱいはいい意味でダサくてストレート。ゆとり世代と呼ばれ、人と争わず個性を大事にお互いを尊重しあって生きてきたわたしたちにとって就活って本当に人生で初めての難関だと思うの。テストみたいに答えもなければ、努力したって報われないことばっかり。どうしていいか分かんないよ!って時に是非聴いて欲しいです。「もう出来る全部 やるしかない テキトーに生きたくない」って全てのアイドルが持ってる気持ちなんじゃないかな?こういう気持ちを忘れちゃ行けないんだと思う。

本気になること、夢見ることを格好悪いなんて思わないで欲しい。ダサくても、何かに夢中で本気な人って、なんだかんだ格好いいと思います。

 

・V6「HONEY BEAT」

これは確か塾のCMの曲だったっけ?

I wanna make you shining smile!
飛び乗ろうよ HONEY BEAT
涙をかわして 明日を奪え
あぁ 誰かの為に(生きたって)君は君だよ
笑って 笑って 笑って 笑って 笑って 笑って

予備校とか塾に通う、通わされている子に「誰かの為に生きたって君は君だよ」と歌うV6はある意味酷だなと思ったんだけど、就活でもまさにそう。親との衝突とか、実家の都合とかはつきまとうもので。親の期待に応えなきゃ、周囲の期待に応えなきゃって思ってるうちほど決まらなかったりするんだよね。だって面接官は「わたし」を見ているんだから。かなり行きたかった会社の書類選考すら通過できなくて病んでたときに聴いた「笑って笑って笑って」は本当に力になりました。

 

山下智久「YOUR STEP」

ヤマピーのアルバム「YOU」のリード曲。

ナオト・インティライミさん提供のオシャレな英語の曲で、多分これは就活が8月解禁じゃなければピックアップしなかったんじゃないかなと思います。すっごい夏らしい爽やかな楽曲です。

You can go your way
Just do it now
We can make the world go round and round
Let me hear you shout
Come on celebrate
You and I can change the world today

ヤマピーに「君と僕で世界を変えよう」みたいなこと言われて元気になれないわけがないじゃないですか。英語が苦手なわたしでも何故か口ずさめる不思議な楽曲です。

Don't be shy to shine your light on everyone
Can't you see your smile is brighter than the sun

「君の笑顔は太陽よりも明るいから、その輝きで皆を照らすことを恥じないで」みたいな歌詞だと思うんだけど(違ったらごめんなさい)、マジ就活ってこれくらいの強気さと図々しさがないとやってけないと実感しました。この歌は日本語Ver.もあるんだけど、英語のほうがクサくてわたしは大好きです!日本語Ver.の歌詞だと「その涙も受け止め合えたなら」なんだけど、英語だと「Nothing can stop us.Now that we know how to fly」(誰も僕らを止められない。空の飛び方を知ったから)なんですよね。ここ超好きです!

 

・Hey!Say!JUMP「UltraMusicPower」

文句無しで誰もが元気になれる楽曲、UMP。

16卒世代でUMP知らない人なんているの!?って勝手に思ってます。馬飼野康二さん作曲のデビュー曲にハズレがあるはずがありません。

歌詞もこじつけだけど就活ソングだと思って聴くとそう聞こえてくる不思議。「明日をつかまえに行くのさ」って超格好良いよね。

まだまだ初々しいJUMPが大きな夢を追う最初の一歩でもあるこの楽曲。まさに16卒と同世代ジャニーズがこれを歌っていることに大きな意味を感じます。

 

KAT-TUN「PERFECT」

爽やかなKAT-TUNが歌う、誰もが認める就活ソング(当社調べ)。KAT-TUN好きな就活生なら絶対この曲を就活ソングに頑張ってると思うんですけど、実際いかがでしょうか?

PERFECT MY FRIEND PERFECT YOUR MIND 焦らず並んで歩いていこう
人と比べながら生きてもしょうがない
PERFECT MY FRIEND PERFECT YOUR MIND 回り道でも一番前
誰も歩いたことない道を歩こう

 

PERFECT MY FRIEND PERFECT YOUR MIND 一度きりのこの道だから
そんなことで悩み泣いてもしょうがない
PERFECT MY FRIEND PERFECT YOUR MIND 君が行くなら間違いない
いつか再び同じ道へと続く

 就活の極意がまさにここにある。そう思いながらいつも聴いていました。就活セミナーとか行ってコツを教えてもらうのが悪いことではないと思います。でもぶっちゃけノックが何回とかカバンはこう持つとかドアノブは両手で開けろとかどうでもいいと思うんですよね。就活セミナーではそこで差をつけろって言うし、そこで決まるって言うけど、わたしそんなの完璧に出来たことないもん。上手く話すテクニックもそりゃ大事だけど、自分らしくいることが一番大切。だってそういう言葉のほうが下手でも絶対心に響くもん。だから隣の人が凄いこと言ってるからって負けちゃいけない。ビビる必要はない。しょうがないんだんもん、わたしとその人は違うから。なんかそういう気持ちになれる楽曲です。だってKAT-TUN見てたら、ああ自分らしく生きるって格好いいな…って思うもんね。ちなみに地味にときめく歌詞は「努力は必ず誰か見てるから 見てなきゃ俺からyell送るから」っていう田中聖くんのラップです。

 

タッキー&翼「JourneyJourney~ボクラノミライ~」

明るくてちょっと変な曲ばかり歌っているイメージの強いタキツバ。そんなタキツバだけど意外に初の応援ソングであるこの楽曲。(ソースがWikipediaだから本当か分からないけど)

さぁ行こう! Journey Journey 僕らの目指す 未来は
選択の連続さ どう進むかなんて 自分次第
頑張るよ! Going Going 立ち止まる暇なんてない
連れて行くよ さぁ この手を掴め!

さっきのPERFECTにも通じるけど、道は本当に自分次第。何かを選ぶことは何かを選ばないってことなんだけど、選ばなきゃ進めない。自分の芯とか軸を持つことが本当に大事。だけどその芯を信じられない日もある。そんなときに「連れて行くよ」って声をかけてくれるタキツバ、心強いです。

誰も自分を理解してくれない時に寄り添ってくれるのは歌だったりしますよね。

 

・NEWS「NEWSニッポン」「希望~Yell~」「TEPPEN」

最後に紹介するのはこの3曲。NEWSのバレーボールタイアップのシングル曲を紹介します。(紅く燃ゆる太陽は個人的な趣味で15選からは外しました)

NEWSといえばバレーボールっていうイメージがあるんだけど、今の子達にはもうないのかな?それともサッカーのほうが強いのかな?NEWSがデビューした頃って今のわたしよりもメンバーが若かったんだけど、そうは本当に見えないよね。特にこの3曲は応援歌!ってイメージが強くて、UMPと同じだけど無条件に元気をもらえます。

NEWSニッポンは馬飼野康二さん作曲だからUMPと同じだよね。ただ歌詞は夢を追うJUMPとは違い、NEWSは虹を掴みます。NEWSは見上げる星に願いを込めます。やっぱりNEWSはキラキラの魔法が使える王道アイドルなんだね…どこが応援歌なのかは上手く説明出来ないんだけどしんどくなったらまずNEWSニッポン聴いてました。

からの希望~Yell~。これはもうフレーフレー!って言ってる時点で応援歌。NEWSが応援してるから頑張ってね!はい、これだけで頑張る理由になります(ただのファン)。「汗かく姿とても素敵さ」も、夏に就活してるこっちからしたら励まされるよね。この曲は就活序盤から終盤までずっと支えになりました。

NEWSのメジャーデビューはこの曲なんだけど「夢を目指す君に幸あれ」っていう歌詞が特徴的で、大体他のグループって自分たちの夢を追ってる歌詞が多いと思うんだけど、NEWSは最初から人の夢を応援してたんだよね。応援歌のプロ。

そしてTEPPEN。これも自分たちがテッペンを目指す歌ではなくて、君にテッペンを目指して欲しい歌。

大抵の奴は待ちきれなくなって
諦めてしまうから 教えてあげるよ

 これは結構わたしの友達に多くて、早い段階で少しいいなと思ってた会社から内定もらってそこでもう妥協して就活を終えちゃう人がいるのね。それが悪いことだとは思わないけど、わたしは無謀にも挑戦してみていいと思う。挑戦しないと絶対に結果は見えないからね。

伝えた分だけ 力がみなぎる
失敗は君が諦めたときさ

 この歌詞はまさに面接。難しい質問がきたり、上手く答えられなかった時に、ああダメだって思った瞬間人事の方のわたしへの評価が決まるんだと思ってました。わたしはどれだけ下手くそでも答えを口にすることを大事にしていたかな。あともうこんな大きな会社わたしには入れないって思って諦めたら絶対にそこから内定は貰えない。何度も言うけど、就活では自分に自信を持って堂々とすることが一番大事だと思います。

この3曲を順番にぐるぐる聴いてるだけで何故か元気が貰えました。この3曲に関してはわたしの感覚が強いので、なかなか上手にオススメ出来ないんだけど、ここで人の夢をたくさん応援してきたNEWSがこの後自分たちの夢を掴んでいくストーリーも含めて素敵な楽曲なのだと今は思います。このNEWSの3曲をわたしは一番よくリピートしていました。

 

 

一気に15曲も紹介しているうちにとうとう7000字の長編ブログになってしまいました。誰か読んでるのかな?(笑)

皆さんそれぞれに応援ソングっていうのはあると思うんだけど、ここで少しでも興味を持って聴いてくれた人が元気になってくれればいいなって思います!

機会があれば「16卒就活生が選ぶ就活中に聴きたいジャニ曲~しっとり編~」も書こうかな、なんて考えているのでまた読んでくださったら嬉しいです。

 

まこぴでした(@^^)/~~~