読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

せつなさだけを 愛する証拠だと思わせないでくれ

内博貴が大好きなヲタクが綴るどうしようもない日記とかレポとか。

後悔する前に会っておこう

私が地下アイドルで唯一「推し」と呼んでいた牛山穂乃香ちゃんが3月19日にALLOVERを卒業しました。
そして、今日25日にはasfiも卒業しました。

わたしは結局一度も現場には行けなかったし、ほのかちゃんを生で見たことはないのだけど、今の気持ちを残しておこうと思います。


わたしが地下アイドルにハマったのは、友人に元地下アイドルがいたことがきっかけです。

「地下アイドルってなんやねん」

これが当時の感想。

今もバリバリ活動中のグループだから名前は伏せるけど、某Pというグループの元メンバーで、興味本位でYouTubeで某Pの動画を見てやられました。

楽曲のクオリティ高い(゜o゜;

地下アイドルといえども地上アイドルとなにが違うんだろうってくらいの楽曲クオリティ。
正直びっくりしてその某Pにハマりだしました。

そんな矢先、その元地下アイドルの友達にオススメだと紹介されたのがCANDY GO!GO!です。

CANDY GO!GO!は多分地下アイドルにそんなに詳しくない人でもなんか名前聞いたことあるかも、なんて人がいるかもしれません。

ガールズロックっていうのかな?そういうジャンルのアイドルなんだけど、パフォーマンス能力の高さ半端ない!もうプロじゃん!って感じのライブパフォーマンスで、秋葉原TwinBoxで行われていたライブの生放送を見ていたんだけど、一気に心が奪われました。

 

私は今、京都に住んでいるので東京を拠点にしているライブアイドルさんのライブはなかなか見に行きにくいというか、なんとなく遠征してまで地下アイドルのライブ見に行くのもな…みたいな気持ちがどこかにあって(ステージって長くても30分とかだし)、その後は基本的にニコ生でライブ中継を見ているだけ、みたいな期間が半年ほど続きました。

 

そして、忘れもしない2014年7月。

TwinBoxで行われたCANDY GO!GO!主催の秋葉原公演 on Sunday。

私は運命の出会いを果たします。

 

なんとなく某Pのファンをやっていたときも名前は聞いたことあるし、CANDYのスケジュール見てる時の出演者一覧でも見たことあるし、そもそもTwinBoxのニコ生チャンネルを登録してたら絶対見たことあるんだけど…

 

ALLOVERasfiに出会ってしまったのです。

 

先に見たのはasfiだった。

その日は4人でステージに立っていて(asfiはほのかちゃんを含めると8人グループ)、asfiの名前は私は知っていたんだけど、初めてパフォーマンスと歌を見たのね。

歌っていた曲は確か「二度目まして!三度目まして!!」と「せーりんぐなう」、「じょ→きげんパラダイス」。

 

楽曲のクオリティ高すぎ(゜o゜;

 

いや、ハロ○ロにいてもおかしくないレベル!!

もうみんな顔可愛いし、歌も上手だし、笑顔かわいいし、ダンスもできるし、煽りもアイドルだし…

 

めっちゃ好き(*´Д`)ハァハァ

 

ってなったのね。

 

その中でも特にダンスがキレキレで、なかなか笑顔を見せてくれないんだけど、だんだん笑顔が弾けてきて、いい感じに私好みの体型とお顔をしていたのが牛山穂乃香ちゃんでした。

「ほのかでーす(^^)」な感じに一目惚れ。

 

いや、でも私の目的はCANDYだ。CANDY見なきゃ、CANDYはトリだからこんなところで詰まってはいけない…と自分に言い聞かせつつも、Twitter「asfiヤバイ((((;゚Д゚))))」的なツイートをする私。

 

そして生放送を見進めていると…

 

ALLOVERに出会ってしまう。

 

確か歌っていた楽曲は「夢のトビラ」とか「桜babyラブ」、「イナズマラブリー」、「世界で一番夏が好き」辺りのシングル曲だったと思う。

 

楽曲のクオリティ高すぎなんてレベルじゃない(゜o゜;

 

AO(ALLOVER)のファンの人とか、AOが好きだなって思う人はみんな共通して「楽曲の良さ」を好きだと思う理由に挙げると思うです。

それくらい楽曲がいい。ハズレ曲がない。アイドルが好きなら必ずAOの曲は心に響く、ザ・アイドル!ってくらいの楽曲のクオリティの高さなんです。

 

まあ、そんなこんなでAOに釘付けになっていたら…

あれ(・・? さっき見た子いるやん??

 

そう、牛山穂乃香ちゃんです。

 

ALLOVERというグループはいろんなユニットのアイドルを集めて出来た悪く言えば「寄せ集め」グループです。AOのメンバーはAOで積んだ経験を本来の自分のユニットで役立てたり、AOをきっかけに本来のユニットの知名度を上げたり、ファンを獲得したりするためのグループなんですね。本来は。

穂乃香ちゃんもasfiALLOVERを掛け持ちしていました。

 

いやもう、こんなに私の心に響く楽曲を持っている2つのグループ両方にさっき一目惚れした子がいるなんて奇跡やん

 

その瞬間から私は牛山穂乃香ちゃんを推すことを決め、在宅ヲタにも優しいニコ生中継も多く、またCANDY GO!GO!のメンバーも在籍していたALLOVERに寄りのasfiのファンにもなりました。

 

長くなってしまった。

 

穂乃香ちゃんは決してAOでもasfiでも多くステージに立つことはなかったんだけど、歌唱力が安定しているところとか、ダンスのキレ、意外と毒舌で、冷めてそうに見えるんだけど笑顔が可愛い、しかもサビまで表情硬いのにだんだん笑顔を見せてくれるところとか、気がつけば穂乃香ちゃんにすっかりハマっている私。

 

ALLOVERではちゃっかり「友情エクスプレス」っていうシングルで穂乃香ちゃんのソロジャケットを買ったりした私。

 

いつか現場に行きたい、いつか生で穂乃香ちゃんが見たい、お話してみたい。

いつか、いつか…

 

そう思いながらTwitterでリプを送る日々。

お金にならないファンの私が作ったコラージュ画像に「いつもありがとう」なんて言ってくれる穂乃香ちゃんが大好きでした。

 

そう、いつか絶対にライブに行くんだ。

なんて思いながらも、私はめったに東京には行かず、面接とかで行ったりしても何故か偶然ライブが無かったり、時間が合わなかったりで。

 

そして、穂乃香ちゃんのAOとasfiを卒業します宣言。

残された日はあと僅かで、私は就活中ってこともあって関西での説明会やセミナーが多くなかなか東京に行けない現実しかありませんでした。

 

すごく後悔した。

いつか会いたい、応援している気持ちを伝えたい。

その「いつか」を先延ばしにし続けた結果、一度も直接伝えることができないという今があります。

 

アイドルっていうのは私たちの理想を背負った商品のようになっているけれど、生身の人間で。私たちの見えない場所で悩んで、そしてその場所から去ることを選ぶ人もいる。もちろん、怪我や病気で突然お別れが来ることもある。

いつサヨナラが訪れてもおかしくない世界の人を応援しているっていうことを、私は忘れていた気がします。

 

私はこの記事であえて「会う」っていう表現を使っていますが、ライブは「見る」もの。でも私はアイドルの現場に行くときいつも「○○に会ってくる」と言ってしまいます。

とんだ勘違いオタクに見えるかもしれないけれど、私の感覚では本当に「会っている」気分なんです。

遠くの世界にいた人が目の前にいる。向こうの視界にきっと私なんて入っていない。

でも、大好きな人が動いている姿を見て、「ああ、この人も人間なんだ」って思って、会ってるって思う。

その瞬間がなにより嬉しくて、ファンをやっていて一番楽しい瞬間だなあって思います。

 

なんの話かわかんなくなっちゃった\(^o^)/

 

とにかく、私は穂乃香ちゃんに会えなかったことをものすごく後悔しています。

でも、穂乃香ちゃんを好きになったことにはなんの後悔もない。

たくさんの元気をもらったし、たくさん笑顔を分けてもらったし、なによりすごく楽しかった。地下アイドルなんて…って思ってた私のイメージを変えてくれたし、穂乃香ちゃんを中心に私の好きが広がっていったから、穂乃香ちゃんがいなければ出会えなかったアイドルさんたちがいっぱいいる。

 そして「後悔する前に会っておこう」。

改めてこのことに気づかせてくれた穂乃香ちゃんにすごく感謝している。

 

私が自担と呼んでいる内博貴も、一度はもうこのままお別れなんじゃないかって思う時期もあったし、今も去年10月のSHOCKが終わってから今年7月のペール・ギュントまでガチで現場がない。

本当に一回一回の現場やチャンスを大事にしないと、いつ最後になるかわからないっていうのを最近身を持って体感している。

 

現場に行くことだけがファンじゃないと思う。

お金を落とす人だけがファンじゃないとも思う。

 

けれど目に見える形で結果を出してあげるのはファンしか出来ないことだと思うから。

行けるのであればなにより現場に足を運びたいなと思いました。後悔しないように。

 

 

最後に牛山穂乃香ちゃん

卒業おめでとう。

穂乃香ちゃんを好きにならせてくれてありがとう。

夢に向かってキラキラ輝く穂乃香ちゃんをこっそり応援しています。

素敵な未来が穂乃香ちゃんを待っているよ。

たくさんの幸せを本当にありがとう。

 

穂乃香ちゃんを好きになれて本当に良かった。

 

大好きだよ、ありがとう!!

 

2015.3.25 まこぴ